査定の種類

不動産の査定には、二つのパターンがあります。 二つの違いは、不動産売却に向けた検討段階によって、査定の内容が異なるといった点です。

・簡易査定とは?

まずは相場を知りたいといった、比較的早い検討段階の人に最適なのが、不動産の簡易査定です。

売却を検討している対象の不動産の物件概要はもちろんのこと、周辺不動産の取引データに基づいて、机上調査を行ってもらえます。また、調査結果をメールや電話といった簡易な方法で、報告を受けることができます。

・訪問査定とは?

とりあえず相場を知ってみたい人に最適な簡易訪問とは異なり、具体的な売却予定を持っている人や、住み替えの予定が決まっている人向けに最適な査定方法が、訪問査定です。

不動産会社の仲介担当者による調査は、関係法令も含めた調査となりますので、より精緻な査定を行ってもらえます。

住まいの内外装をチェックしたもらった上で、最終的な不動産の査定価格を、対面による報告で確認することができます。 訪問査定のメリットは、実際に担当者と会って話すことで、不動産売却に向けた疑問点や不安な点を、じっくりと相談することができるところです。

住み替えの際に活用できるサービスや、万が一、買い手がつかなかったときの保証など、どういったサービスが利用できるのかといったポイントを、じっくりと相談できますので、具体的に不動産売却を検討している人にはオススメの査定方法です。